blog

2023/12/09 19:41

ー 恒例行事となってまいりました。 ー


毎年この時期になると、店主の1年間のお買い物履歴を振り返るもはや恒例となった企画。改めて買ったものを見返し、ニタリと笑う店主のみが楽しむ記事ですが、どうぞ今年もしばしお付き合いください。

今年はいつもにも増して食器が抜きん出ています。そして、買い求めた先も骨董市、古本屋、古道具屋等、恥ずかしながら行動パターンがいとも簡単に読み解けるようなラインナップです。数は少ないけれど、どれも主張の強いものたちばかりのようですよ。。ちょいと覗いてみましょう。。

1. 生き物モチーフ

(*大江戸骨董市にて)
今年は、正月三日からもはや骨董市巡りが始まりました。晴天の有楽町へと出向いて出会ったカラスと白馬。どちらも別のお店で見つけました。素材も大きさも全く違うけれど、どちらも生き物の温もりと愛らしさを感じます。

2. ディゴワンのビンテージカップとジュンアシダのビンテージ スカーフ


(*つくば市 家貨屋 kakaya 、*つくば蚤の市 にて)
つくば駅で毎月第三土日に開催されている蚤の市に足を運んでみました。お目当てのものには出会えなかったけれど、ぼんやりあったらいいなで描いていたスカーフが突如現れたので出会いという言い訳のもと私の元にやってきました。そして、つくば駅からバスで移動し、つくば文化郷(国登録有形文化財)の母屋にkakayaという古道具や家具のリペアを行っている古民家ショップへ。そこでは、所狭しと物が溢れる中、ディゴワンのカップを見つけてこれもまたお客様用にということで我が仕事場に仲間入りしました。日帰りの小旅行はリフレッシュにもなりました ♪

3. 呉須の微塵子柄湯呑み と ボビンケース



(*浦和調神社 骨董市にて)
調と書いてツキと読む、浦和の旧中山道沿いにある由緒ある調神社で行われる骨董市。ここ最近の蚤の市ブームによる商品の高値の余波はまだこの骨董市には届いておらず、ひと昔前の値付けで良心的なものが多くて暑さに負けずついつい長居してしまいました。骨董の部類には入らない、古い雑器としてポピュラーな微塵子柄の湯呑みは日常使いには最適です。

4. 鴨の木彫り

(*旧白洲邸 武相荘骨董市にて)
ずっと行ってみたかった武相荘。念願叶って漸く骨董市のある日曜日に足を運びました。白洲次郎の生き様に改めて心鷲掴まれて、格好よく生きる術を探す日々です。

5. ホヤ ・カルノーサ エキゾチカ

(*グリーンショップ音ノ葉にて)
散歩のついでについつい寄ってしまう、グリーンショップ音ノ葉。初夏になると葉物の植物がたくさん入荷してあれこれ見ているだけで1時間近くあっという間に経ってしまう。今年はこのホヤ さんが新たなメンバーになりました。いつか花が咲いてくれるかなあと楽しみに待っています。

6. 白釉の器

(*吉祥寺 Harmonia Sajiloにて)
コロナ禍で会えず仕舞いだった友達と久しぶりに会えた嬉しかった日。この器とその日は一つになった思い出です。

7. 香り2点


(*吉祥寺 Harmonia Sajilo 、 *ACTUSにて)
チベット香と呼ばれるお香。とても野性的な香りで夏の暑い夕暮れ時にベランダでそっと焚いてみたらなんとも風情があった。
ACTUSの店頭でポップアップを開催していたhibiのマッチ型お香。色々な商業施設で見かけるヒット商品だけど、ポップアップ限定の香りが発売されていてので、購入してみました。
今年は我がset-list-tokyoのアップサイクリングキャンドルももちろんのこと、様々な香りに心穏やかにしてもらって健やかな一年が過ごせました。

8. CASICAでの出会い3点



(*CASICA にて)
新木場のCASICAは時折ぶらっと出掛けたくなる場所。行けば何だかんだと欲しいものに出会ってしまうから危険な場所でもある。
一つ目の豆皿はデッドストック のもの。2点目、3点目のものは、CASICA6周年ニュー縁日に出店されていた、ベトナムを中心にアジアの雑貨を扱う、333(バーバーバー)より購入したビンテージソンベ焼のお皿とアジアのデミタス。ソンベ焼は目下大人気の食器で希少なもののようです。私は気負わずパン皿として使おうかな。

9. ボタンを付け替えたカーディガン

(*無印良品にて)
最もポピュラーなお店の最もポピュラーなVネックカーディガン。これを敢えて購入して、ボタンを全て違うビンテージの金ボタンに付け替えました。これがこの冬を迎える前の私が熱望していたアクションです。どこにでもあるけど着心地もそれなりのもの。それをアレンジを加えて着れば私らしく着られるかな?という一つの実験です。だから他所様の服を買ってもお許しください。

10. 書籍色々

(*古本屋、Kbooksフェア、中之条ビエンナーレ、書店にて)
今年は絵本との出会いも多かった。眺めているだけで和やかな気持ちになる絵本が大好きです。小説も秋のニューヨークに妄想旅行に出かけたい気持ちが高まって買ってはみたけれど、時間がなくてついつい後回し。読み始めた今は冬。まぁそれはそれで。暖かい布にくるまれてたまにはゆっくり読書といきましょう。


以上今年の買い物履歴でございました。いかがでしたでしょうか。私自身は願っていたものをちゃんと呼び寄せられたと自負しています。笑
来年はどんな素敵なものと出会えるのかな。
皆様もよかったら、今年のお買い物履歴を作成してみてはいかがでしょうか。





¥15,000以上のお買い上げで 送料無料

Search商品検索

Categoryカテゴリー

Guideご利用ガイド

Mailメルマガ

当店からメールマガジンをお届けいたします。
部屋のお片付けに打ってつけの季節です!