blog

2021/02/24 10:00


最近、手書きで何かを書いたのはいつですか?


文字を書くという作業が数年前から比べると格段に機会が減ったように思います。書かないと簡単な漢字ですら時々忘れてしまいそうになるので、あえて何かを書かなければなんてことまで発生する状況。





寒い冬を終えて、小さい春を見つけると誰かにそれを伝えたくなってペンを取ってみる。 

手紙かどうかはわからない。

自分に宛てた日記。

はたまた数年前から会っていないあの友達を想って綺麗な葉書を選ぶ。

書き出しはいつも少しだけおしとやかに。繊細で美しい文字を紙に載せる。

大切にしまっておいたあの言葉。大事に引き継ぎたいこの言葉。

春の香りを添えて送ります。


紙ものあれこれ

新年に描いた抱負や願い。2月も終わりを迎える頃には既に忘れかけてやしませんか?新年度を迎える前にもう一度自分ノートを作ってみるのはいかがでしょうか。カンミ堂の& NOTEライトはリングノートに簡単に取り付けて書類をまとめられる優れものの書類ホルダー。 思いついたことを書き記したノートに、アイデアソースとなった書類や、気になるお店のショップカードまでどんどんまとめられるから自分だけのオリジナルネタ帳?が出来上がる。数年後に見返してみても「あの頃の私はこんなこと思ってたんだ。」なんて楽しかったりします。


続いては、お手紙月間?紙シリーズ。
文字数限定一筆箋は文字数が決まっているから、伝えたい言葉をしっかり選んで伝えることができる逸品です。“ありがとう”に添える言葉はあと何文字? また会おうに込めるその次の言葉は?相手を想って言葉を絞り出す。文字数制限は頭の体操にも良いのではないかしらと新たな発見もあり。


見ていて飽きないポップでどことなく懐かしい絵柄のポストカードシリーズも「贈られてうれしい。」「部屋にそっと飾って美しい。」そんなカードです。さてどんな言葉を添えましょうか?


moritaMiWオリジナル・大判変型ポストカードはクニュンとヘンテコな形。表面・裏面とも絵があって、一作品づつ物語があって素敵なポエムも添えてあるから、眺めてみたり、お部屋にアートとして飾ってみても楽しいカードです。描かれたイラストに合わせて素敵な言葉を紡ぎ出したいものです。


言葉を紡ぐこと。自分を知ること。

最近はすっかりメールやメッセージアプリを使って親しい人や知人と言葉のやりとりをすることが多くなってしまったけれど、心に余裕のある時にはお気に入りのペンを手に取り、差し出す人を思い浮かべて葉書や便箋を選ぶ。最初の文字はいつも少し緊張して丁寧に書き始める。そんなアナログな時間は自分と向き合える幸福な時間。時には自分に宛てて今の思いを綴ってみるのもおすすめです。数日前の自分からポストに手紙が届く。不思議で気恥ずかしいそして新鮮な瞬間を新しい季節のはじめに味わってみてはいかがでしょうか。