blog

2020/12/20 12:50

お買い物2020 上半期編に続きまして、この一年に買ったあれこれを写真と共に振り返ってみるお話 第二弾。下半期編です。

なんだかんだで写真の数がありますので、前置きはこの辺で。では、目録続きです。

9. 裁ち鋏(團十郎)
(日本橋 木屋にて)

仕事道具の要。裁ち鋏を新調しました。
20年以上使っているものも同じ東鋏(トバサミ)の團十郎ですが、研ぎに出してメンテナンスを加えながら長らく使ってきましたが、研ぎに出している間のもう一丁として購入。
と言いますのも、最近では裁ち鋏を制作する職人の数が減ってしまい、研ぎも同じ職人が行うため、研ぎに出すと戻ってくるまでに1ヶ月は要するので、その間、予備の鋏が必要となります。いくつか鋏はありますが、研ぎに出している間の技術が落ちないためにも同じグレードのものが必要と言うことです。宝の持ち腐れとならないように私自身の技術ももっともっと磨かなければ。

10. let loose.のタオル
(神宮前 HOEKにて)

オリジナルの国産タオルを制作するLITTLEが手掛けているlet loose.のタオルです。
ロングパイル製法と高い織りの技術を取り入れたハイブリッドなタオルで、使うごとに育つタオルです。
しかも、東京は青梅で50年以上の歴史を持つホットマン(株)によって一貫生産されていて、
ホットマン独自認証1秒タオルを取得している優れものです!タオル屋さんの回し者でも何でもありませんが、本当にこのタオルを使う日は何だか気持ちが落ち着いて、穏やかになります。手洗いの回数が増えた今、タオルや手拭い、ハンカチなどにも少し気を使って良いものを揃えたいなと思います。

11. アンティークのビストログラス 12. 足つきグラス 13. 耐熱ガラス3種
(フランスから)
(蔵前 道具屋noboriにて)

(21_21 DESIGN SIGHTギャラリー にて)

初夏から夏にかけてガラスのアイテムがいくつか仲間入りしました。
11.はずっと欲しくて骨董市などで眺めてはとどまるを繰り返していたフランス製のアンティークビストログラス。縁あってフランスから渡ってきました。冬の今、赤ワインを少し注いで飲む夜はそれだけで贅沢な気分に。
12.蔵前はこの10年ほどで職人の街から、新しいものを生み出す発信地のような場所に変わりつつあります。その中でも株式会社light sourceが手掛ける、雑貨屋、お菓子屋、カフェ、お花屋 等々の一連のお店がその流れを牽引していると言っても過言ではないのかもしれません。
道具屋noboriは高価なものばかりが揃うのではなくて、生活に寄り添った品揃えでお手頃に素敵なものがあるのも嬉しいところ。
13.「VISION GLASS」シリーズは飾り気のないシンプルなデザインだけど、使い勝手の良いシリーズで、生活にすっかり溶け込んでくれています。六本木の21_21 DESIGN SIGHTギャラリーで行われていた「NO PROBLEM store」という企画展で購入。「NO PROBLEM store」とは、機能的には問題ないけれども、今まではB品に含まれていた「グレーゾーン」の商品を「NO PROBREM(問題ナシ!)」と捉え、定価で販売する新しい試みだそうです。今後も活動に期待して投資。ということで。これもまた言い訳。ww

14. 雑誌

(MOTION GALLERYにて)

投資と言えばこちらもそう。2020年4月に発行元の倒産により休刊に陥ってしまった、雑誌 nice things. 
復刊を目指すクラウドファンディング立ち上げにより見事に蘇りました。悔しい思いや志に共感して微力ながらファンドに協力。
届いた復刊第一号はなかなかの見応えです。

15. 書籍

(三省堂書店にて)

本繋がりで。内田洋子さんのファンだと豪語しても良いかもしれません。母のイタリアへの探究心の影響か、私も書店に行くとイタリア関係の本があると手に取ってみる。内田さんの著書とはそんな出会いだったと思う。文庫のエッセイから始まって、新書が出るたびに読んでいます。遠い国の市井の人々の日常や、人間の機微などが感情豊かに伝わってくる文章にノックアウトです。どうしてあんな文章がかけるのかと感嘆の唸りを毎度上げてしまうのです。

16. MacBook air

(apple storeにて)

いやあ。これには本当に参りました。ECサイト立ち上げのために奔走していた10月。長年使っていたMacBook Proが悲鳴を上げました。機嫌を損ねたのか、突如フテ寝を決め込んでしまったのです。対処方法を探してみたり、Apple storeに問い合わせてみたり。とにかくご機嫌斜めのPCに時間を掛けすぎました。で、結果。新しいMacBook airを買いました。その後、執念でMacBook Proも自力で直したことは自分を褒めて上げたい。苦笑 今は2台体制でまるで必殺仕事人のように稼働していますが、これも単にデータの移行などに手間が掛かっているだけのこと。旧石器時代のような私がITと付き合って行くのは本当に骨が折れる作業です。とほほ。

17. SaoriMochizukiのお相撲さんブローチ 18. ハンカチ2種 

(Saori Mochizukiにて)

(東武百貨店にて)

オシャレがやっぱり好きです! 特に寒くなってくるとファッションがより楽しめる季節なのでウキウキします。
いつもお世話になっているAccent ColorのSaoriMochizukiさんがアクリル製のアクセサリーをこの秋からたくさん制作しています。インパクト大のこのお相撲さんブローチは真っ青なステンカラーコートの胸元や、白地のトートバッグに付けて楽しんでいます。
ハンカチ2種はスカーフ代りに購入。細く畳んで首に巻くので、できるだけ派手な色味のものをと思いこの2点。ボーダーTシャツなどに合わせれば、カジュアルアップの装いが楽しめます。

18. 広島針のまち針

(ユザワヤにて)

これは決していつも使う道具として買ったわけではなく、個人的な趣味で買いました。伝統の広島針を製造しているチューリップ株式会社が企画製造しているシリーズで、まち針や縫針も用途に分けて販売されています。パッケージが何とも可愛くてその上、このまち針はヘッドの部分がチューリップ型になっています。日本の洋裁道具の品質の高さは今更言うまでもないけれど、品質+このデザインで販売するあたり、まだまだ日本企業の未来は明るいな。と意味不明の上から目線で納得する品です。

さてさてさて。ダダダっと写真を並べて参りましたが、買ったものを総括すると、何となく最初から気がついてはいたけれど、伝統とか職人技とか、志とかチャレンジ精神とかに惹かれてどうやらものを買っている傾向です。私自身も20年以上、何かといつも戦っています。気がつけば肩に力が入って肩こりの原因にもなっていますが、2020年も手前味噌ではありますが、色々と挑戦した年でした。来年も引き続きがむしゃらに力一杯新しいことに挑戦してそして楽しい、良いものをご提供できる者でありたいと思っています。
2021年はどんな「良いもの」をお届けできるかな。。 ご愛顧くださいますようお願い申し上げます。